お子様のベストサポーター

になって戴く為にチームからのお願い。
はじめに、、
小学生は決して親の為にプレーする訳ではありません。
ただサッカーが楽しいからやるのです。

そして仲間やコーチと多くの経験をして成長して行きます。

試合を観て熱くなる気持ちも理解できます、、

何せ自分の分身の様に感じながら応援するのですから、むしろ当然の事です。

しかし育成年代のスポーツには
勝ち負けよりも大事な事が多くあります。
もちろん勝利を目指す前提での話しですが
大人の視点からだと、
むしろ勝ち負けよりも大事な事が圧倒的に多いです。

本気で勝利を目指した先にこそ
得るものがあると思いますが、
それはあくまでもチームの結果、
そして子供達が頑張った結果であって
親の結果ではないのです。

本気で取り組んだ日々や
チームスポーツの中で育まれたものは
大人になって社会に出てた時に、

きっと役に立つ日が来ると確信しております。

そして、いつか親にサッカーをさせてもらった事を
貴方に感謝する日が来るでしょう。

貴方の大切なお子様が、
楽しい事も辛い事も、
仲間と過ごす大切な時間も
一つでも多く経験していける様に、、
どうかほんの少しだけ離れた場所から
暖かく見守ってあげてください。
そして、一つでも良かったプレーを褒めてあげてください。

①チームの一員として活動している時(練習、試合時)は
絶対に声をかけないで下さい。
・担当コーチ以外の者がプレー中のチーム、プレーヤーに具体的・技術的助言をすることは競技規則で禁止されています。



②観戦時はベンチの後ろ、横、ゴール裏へは立たないでください。
(タッチラインの近くも副審が居る場合は邪魔になります。)

③自分の物を自分で管理する為に 

お子様に自分の物は自分で管理するという事を学習してもらう為に
全ての持ち物には、必ずチーム名、名前を書いておいてください。
もし、大会等で忘れ物等あった場合は保護者様もしくは選手からチームにお問い合わせください。
練習グランドにスパイクを忘れた/ボールを忘れた等の場合は
チームで保管は致しません。
忘れ物はそのまま置いておきますので、各自責任を持たせてください。
またその場合もチームから連絡は致しませんのでご了承くださいませ。


④サッカーはチームスポーツです。自分達の事は自分達で出来る様になる為にも自分達で出来る事には大人が手を貸さないでください。

ベンチや練習道具、使ったグラウンドの整備、テント設営など
自分達の事を責任を持って出来る様になる為に、
こちらからお願いする事以外のお手伝いはご遠慮ください。


⑤サッカーに関係のない物を持ってくるのは禁止しています。
(カロリーメイト、スポドリ等は可能です)

練習や試合等にお菓子、ジュース、おもちゃ等を絶対に持たせないでください。
また試合後に子供達に配るのもご遠慮ください 。